感 情

SHAPE OF MIND

我々は「混沌」の中に生きている。理性と社会性でコントロールしているつもりの無秩序の中にふわふわと浮遊し、あてもなく漂っている。例えば、人の心がそうだ。時として拡散し、時として凝縮する。幸福を感じ、不安を感じ、未来に燃え、過去に悔やむ。喜び、平安に満ち、悲しみ、苛立つ。我々は昨日とは別の、明日とも違う自分の「感情」に動かされながら生きている。それはまるで、水の中で翻弄される別の液体のようだ。この液体は、なぜこのような形を描くのか?形の変化にどんな秩序が存在しているのだろうか?我々の心は、時や場所など様々な条件の下で様々な形状をつくりだしている。私はフォトグラファーではない。作品「感情」は、私が意図的に描いた造形でもない。無秩序に思える混沌の中で偶発的に生まれた造形に、優美な曲線や美しい模様をただひたすらに見いだそうとする試みである。 デザイナー ながしま明